ジュエルズドッグ
トイプードルブリーダー東京
kitkatkennel
 
 
                                                     
 
トイプードルブリーダー

HOME > だまされない子犬選び

シルバー シルバー トイプードルブリーダー ジュエルズドッグ

だまされないトイプードルの子犬選び方



目の大きい過ぎる、白目が多い、目やにが多い、こういうのは、脳の病気が出やすい。目に関しては、子犬のときに小さいもの を 選ぶ。トイプードルは成犬になれば必ず目は大きくなります。
ヘルニア(ソケイ、ヘソ)は避ける

計画繁殖してない子は避ける。近親交配、好ましくない毛色の掛け合わせ。性格異常、繁殖障害が出やすい。父親の血統だけではなく、母親の血統も重視されている犬舎を選ぶ。

母親から早く離された子、(生後35日)餌を十分に与えられてない子、販売されている子の生年月日、出生地を良く見る。

膝の外れている子、(けっこう売られています)

チャンピオンの子がすべて良いとは、限りませんアメリカなどから悪い遺伝子を持ってるものも入ってます。

色素の濃いものを選ぶ。色素の異常は体のさまざまなところに弊害及ぼします。その原因は色素を作るメラサイトという細胞によるものですが、特に目や耳の病気性格の異常(ブラウン系には色素がもともとないのでその子の作り方に注意)神経質でうるさいこが多い

一代位の繁殖で、ブリーダーと言っているショップは避ける。
サイズのことばかり言う店は避ける
父親母親の体重を言うところはさける(血統が違えば将来大きくなります)

よく親が小さいからと親を見たがりますが、血統が違う交配からは不安定な子が生まれる確率が高いです。子犬のうちは小さくても、大きくなるケースがあります。

好ましくないカラーの組み合わせから生まれた子(生後10ヶ月位から性格の変わる子が多いです。)

ミックス犬を作っているブリーダー 先人達の苦労を考えると賛成できません。


お問い合わせ